転職は大変ですが、面接の時に有給がとれるなら在職中に活動した方が良いと思います。

働きながら転職活動をするのがオススメ!

転職するということは、人生の方向性を決めてしまうので、安易に何度でもすることはできません。

転職するということは、人生の方向性を決めてしまうので、安易に何度でもすることはできません。
ジプシーみたいに何回でも転職してもよいイメージがつかないし、なんのきっかけもなく空白期間が多いのも次の職を決めるうえで、大きなマイナスになってしまいます。
自分の特性が生かせ、周りから頼りにされるなんて職場はないものだと考えておいた方が、変に期待を裏切られることもなく安定して勤めることができるのではないでしょうか。
自分の思っていることが、相手には必ずしも伝わるとは限らず、それを他人のせいにしてしまうのは、自分勝手以外の何物でもありません。
職場は、仲良しさんが集まる場所ではなく、お金という対価を戴いて、仕事を成し遂げるプロフェッショナルな集団です。
今の仕事で、満足できないならなぜ不満に思うのか、自分が就きたい職は何なのか、一度書き出してみるとよいでしょう。
その作業を行うことで、頭が整理され、現状で満足なのか、他へ移るべきか答えが出てくると思います。
最後に「飛ぶ鳥跡を濁さず」転職を決めた後でも、今までお世話になった会社の恩は忘れないようにしましょう。